クーリングオフ制度を利用できる条件は?

脱毛サロンでコースを選んで契約をした後、継続して通えなくなるような理由が急にできたり、考え直した結果ほかのコースや他店のメニューを選びたくなった場合は、クーリングオフを適用すれば既に結んだ契約を解除して代金を返金してもらうことができます。ただし、適用できる期間は契約書を受け取った日から8日後までで、代金5万円以上かつ期間が1ヶ月以上の契約が対象です。サロンによってはこの条件を満たさなくても解約できる場合がありますが、既に支払った代金が全額戻ってくることはまず無いので、契約を解除したい場合は早めにサロンに申し出ましょう。

クーリングオフの通知は書面の郵送で行おう

クーリングオフを適用した上での脱毛サロンとの間の契約解除は、必要事項を記した文書を郵送するだけで可能です。文書のサイズに特に決まりはなく、A4サイズの紙でもハガキでも何に作成しても構いません。より法的にスキがない形で通知したい場合は、内容証明郵便にしたり、配達証明や書留などのオプションサービスを利用する方法をとるとよいでしょう。

解約を通知する文書に最低限記載すべき事項は、契約を解除する旨の文章、契約締結日、店舗の名称・所在地・連絡先、選んだコースの名称と料金、客(差出人)の氏名と住所です。契約解除の理由は一切載せる必要はなく、最低限記載すべき事項がすべてきちんと書かれていれば問題ありません。既に支払ってしまった代金がある場合は、返金を求める旨の文章と振込先の銀行口座の情報も記載しておきましょう。

医療脱毛を千葉で考えているなら、JR千葉駅や京成千葉駅周辺が通いやすく便利です。医療脱毛を行っている医療機関は駅周辺に立地しているからです。