様々な種類がある人工乳腺法

脇の下、もしくはバストの下を切開し人工乳腺を挿入するのが人工乳腺法です。人工乳腺の中身は生理食塩水やハイドロジェルなど様々です。形状に関しても丸型のものや雫型のものなど、複数が存在します。クリニックによっては乳腺下や大胸筋下など各患者に合わせて挿入する場所を変えている場合もあり、自分の望み通りのバストを作れる方法と言えるでしょう。切開が必要なので傷跡ができますが、数ヶ月が経過すれば目立たなくなります。

手軽にできるヒアルロン酸注入法

ヒアルロン酸を注入することでバストを大きくするのがヒアルロン酸注入法です。短時間でできる上にすぐに通常の生活に戻れるため「プチ豊胸」と呼ばれることもあります。クリニックによっては注入の際にエコーを使うことで正確性を高めています。ヒアルロン酸は体内に吸収されるためやがてバストは小さくなっていきますが、近年では持続期間の長い低吸収型のヒアルロン酸も使用されています。人工乳腺法とは異なり切開しないので傷も残りにくいです。

シェイプアップも兼ねた脂肪注入法

腹部や太ももから脂肪を摂取し、生理食塩水による洗浄と選別を行った後にバストに注入するのが脂肪注入法です。自分の脂肪なのでアレルギーの心配がなく、同時にシェイプアップできるのが特徴です。ヒアルロン酸注入法同様、傷跡も目立ちにくいです。注入された脂肪のうち、毛細血管と繋がった部分はバストに残ります。一方、血管と繋がらなかった部分は体内に吸収されます。どれくらいの脂肪が生着するかには個人差があります。

メスを使わず注射だけを使って行う豊胸手術は、痛みがほとんどなく傷跡も残りにくいというメリットがあります。