ニキビを見つけた時は

もしもニキビを発見したら、早めに対策を行うことが大切です。なぜなら、そのまま放置していると、症状が悪化する可能性があるからです。まずは、清潔な状態を心がけましょう。洗顔をする場合には、ぬるま湯で丁寧に汗や汚れを落とすことが重要です。メイクは控えめにして、ニキビができた部分にはファンデーションを塗らないようにしましょう。ローションなどの基礎化粧品を使う場合は、成分や効能を確かめることが秘訣です。また、髪の毛が肌に触れないように、ピンで留めたり、ゴムで縛ったりしましょう。ニキビを刺激しないことがポイントです。さらに、指で潰すと、ニキビ跡が残ります。痒みや痛みなどを発症しても、ニキビを潰さないことが大事です。

自力で治らない場合は

日常生活の過ごし方に注意しても、ニキビの症状が改善しないケースがあります。そのような場合は、専門の医療機関で診察を受けることがコツです。皮膚科ならば、ニキビの診察を受け付けています。ニキビの治療を重点的に行っている医療機関もあります。専門性が高いので、関心があるならばリストアップしてみましょう。また、それぞれの症状によって治療方法が異なります。早めに専門の医療機関で診察を受けて、適切な治療を受けましょう。飲み薬を服用するほかに、ニキビができた部分に軟膏などの薬を塗る治療方法があります。医師のアドバイスに従って、正しい使用方法を守ることが重要なポイントです。ニキビ跡の治療も行っていますので、気になる場合は相談してみましょう。

10代から20代前半にできるのは思春期ニキビといって、ホルモンバランスの乱れが原因です。大人になってからできる場合はストレスや栄養不良、乾燥などが原因です。