シミの主な原因は太陽の紫外線

シミは、見た目を悪くする1つの原因になるので、シミが出来ないように生活する事が大事です。シミの主な原因としては、太陽の紫外線があります。特に最近の紫外線の量は多く、有害な紫外線も含まれているので対策をしなければ肌にダメージを与えて、シミが出来る可能性が高くなります。ただ、紫外線を浴びたからといって、すぐにシミが出来るわけではなくて浴びる時間が重要です。1日30分から1時間ぐらいであればそこまで問題ないですが、数時間紫外線を浴びると少しずつ肌にダメージがいきます。

つまり、適度に浴びるのは問題ないけど、長時間浴びるのは問題があるという事です。一日に浴びる紫外線の量を調節する事が重要です。

紫外線対策をどのようにしていくのか

紫外線がシミの主な原因になりますが、どのように対策をしていけば良いかをお話します。まずは、紫外線が強い日には、日傘や帽子を着用する事です。紫外線が強い場合は、それだけ有害な紫外線が含まれている可能性があり、肌にとって大きなマイナスです。しかし、日傘や帽子を着用する事である程度、紫外線をカットする事が可能なので効果がある方法です。

また、春から夏にかけては特に紫外線が強くなるので、海やプールに行く頻度を少なくすることも必要ですよね。プールや海で遊ぶと長時間紫外線を浴びる可能性が高く、肌のダメージが懸念されます。もし、海やプールに行くのであれば曇りの日を選ぶようにします。曇りですと晴れの日よりも紫外線が弱いので、肌のダメージも軽減されます。

シミやシワ、クスミなどのスキントラブルを放置することは、決して好ましいことではありません。早めの対処が必要といえるでしょう。