血液クレンジングとは

ヨーロッパでは広く認知されており、近年日本でも注目されているのが「血液クレンジング」です。
血液クレンジングは、特殊な薬剤を使って血を綺麗にするという治療法ではなく、100ccの血液を採取したら、医療用オゾンを使って浄化した血液を点滴を使って体内に戻すという治療法になります。
オゾンで綺麗になった血液は全身をめぐることでドロドロした血がサラサラに変化して血流をよくします。リンパ液も綺麗にすることができ、体全体を活性化させます。疲労を感じにくくするだけではなく、肌などのアンチエイジング効果もできるとして人気になっているのです。
一回の治療でも体が温まり、頭がすっきりするなどの効果を得ることができます。

期待できる効果について

血液クレンジングをすると血液がサラサラになり、体が温まります。一回ではその程度の効果ですが、継続して行っていくことで免疫を高めることができ、様々な症状に対しての効果が期待できます。
まず具体的な効果としては、免疫を高めることによって風邪などのウイルス性疾患などの改善を行うことができたり、がんの術後などにも良いとされています。
血液は全身の細胞に栄養と酸素を運んで、二酸化炭素と老廃物を回収して体を温めるという働きがあります。血液クレンジングを行うとこの働きがスムーズになり、免疫力が高まるほか疲労回復や肩こりや腰痛なども改善していきます。
また、血行が良くなることで新陳代謝も良くなり、肌のターンオーバーも整うなどの美容効果も得られます。

血液クレンジングは、自分の血液にオゾンを反応させ、高濃度に酸素化させて再び体内に戻す治療です。最近ではアンチエイジングに有効であるとして話題になっています。